E-BIKEで通勤ライド始めてみませんか!

E-BIKEで通勤、通学、休日サイクリングを始めてみませんか!

目次
1.E-BIKEとは?
2.どんなタイプのE-BIKEがあるの?
3.E-BIKE通勤のメリット
4.E-BIKE通勤のデメリット
5.試乗できる?
6.おすすめ通勤モデルは?

1.E-BIKEとは?

トレックのホームページよりE-BIKEの概要を抜粋いたしました。

走り具合はどう?

トレックのeBikeは、あなたのペダリング力を高めます。普通のバイクのようにペダルを漕ぎますが、常に追い風で走り、登り坂が平らになったように感じられます。

eBikeはオートバイと同じなの?

いいえ。オートバイは、スロットルでパワーを伝えます。トレックのeBikeはペダルアシストなので、ペダルを踏み込む力でアシスト量が決まります。ペダルアシストのeBikeで走るのはとても直感的で、バイクに乗れる方なら誰でもeBikeを快適に乗ることができます。

eBikeの一番の長所は?

サイクリングへの障壁を取り去ることです。何よりも、乗ることがとても楽しいくなります。ちょっとしたパワーアシストがあるだけで、遠くまで走ることができ、多くの発見ができ、可能性が広がります。

走れる場所は?

多くのトレイルやサイクリングロードで乗れます。速度の出るeBikeに関する規則は、お住いの国、都道府県、市によって異なります。詳しくはお住いの地域の行政にお尋ねください。

eBikeは免許や登録が必要?

お住まいの地域により異なりますが、速度の出るeBike(最高で時速28マイル/45km)は、免許の取得や登録が必要となる場合があります。規則は常に変わっていますので、詳しくはお住まいの地域の行政にお尋ねください。

アシストされる最高速度は?

最高速度は時速24kmです。(国の法律により異なります。)

取り付けられるアクセサリーは?

フェンダーやラックなどの一般的なアクセサリーが取り付けられ、それらを最初から搭載するモデルも多くございます!

ミッドドライブのモーターとバッテリーの利点は?

重心をバイクの中心かつ低くできるので、ハンドリングを予測しやすく、走りの質が向上します。

アシストモードの数は?

アシストモードは、Bosch システムでは4種類です。(Shimano STEPS搭載のバイクは3種類)

アシストにいくつかモードが用意されているのはなぜ?

常に同じパワーのアシストが必要だとは限りません。アシストのパワーを下げればバッテリーは長持ちし、加速や登り坂のためによりパワフルなアシストも使えます。

Wh:ワットアワーとは何?

バッテリー容量のことです。「ガソリンタンクの大きさ」だとお考えください。

走行距離は?

通常の走行距離は、モードや地形、その他負荷や風などの走行環境により、20から100マイル(32から160km)となります。Boschには便利な走行距離を計算する機能が搭載されており、これで特定の環境における予想走行距離を計算できます。

バッテリーはどうやってオン/オフさせる?

ほとんどの場合、ハンドルバーで操作します。

充電が完了するまでに掛かる時間は?

充電前のバッテリーの状態により異なりますが、約2から5時間です。

バッテリーの充電方法は?

パソコンやスマートフォンと同じです。充電器を壁面コンセントに差し込み、バッテリーを接続してください。トレックのeBikeは、充電時にバッテリーを取り外さなくて良いものがほとんどですが、取り外すこともできます。バッテリー側面のライトが、充電完了をお知らせします。

バッテリーは防水?

はい。

バッテリーをロックできる?

はい。バッテリーはバイクにロックされ、取り外しにはカギが必要です。

バッテリー用のカギを失くしてしまったら?

バッテリー用のカギは、最寄りの正規取扱販売店でご購入いただけます。

ペダリングしながらバッテリーは充電される?

いいえ。トレックが用いる効率的なモーターでバッテリーの充電はできません。一般的なバッテリー充電式のモーターは、充電されるエネルギー量がわずかで、効率を大幅に犠牲することになるため使用しておりません。

バッテリーが空になってもライトは使える?

はい。バッテリー管理システムは、バッテリー残量が特定の量に達すると、モーターへのパワー供給を止めますが、あなたの安全を確保するライトへのパワーは残るよう設計されています。

交換用バッテリーは用意されている?

交換用バッテリーは、Boschから直接ご購入いただけます。

保証内容は?

他のトレックのバイクと同様、フレームには生涯保証がつけられています。Boschのバッテリーは、2年または充電500回のどちらか早い方に適用されます。

必要なメンテナンスは?

メンテナンスは、普通のバイクとほぼ同じです。リチウムイオンバッテリーは、室温でより良い性能を発揮します。バッテリーの寿命は、極端な温度の屋外に放置した際に減ることがあるため、屋内保管を推奨します。

eBikeはどこで修理してもらえる?

全てのトレック eBike取扱販売店です。トレック認定メカニックにお尋ねください!

2.どんなタイプのE-BIKEがあるの?

様々なメーカーからクロスバイク、ミニベロ、MTB、ロードバイク、折り畳み、子供載せ、一般車、などほぼすべてのジャンルのE-BIKEが発売されています。

クロスバイクタイプ

ミニベロタイプ

MTBタイプ

ロードバイクタイプ

折り畳みタイプ

子供載せタイプ

一般車タイプ

E− BIKE通勤のメリット

 とにかく、走行が楽になります!
電動アシストがサポートしてくれるペダリング負担軽減による疲労の少なさ、快適さ。普通のバイクのようにペダルを漕ぎますが、常に追い風で走り、登り坂が平らに道になったように感じられます。

 通勤に満員電車に乗らなくてよい!
満員電車という状況から抜け出せるだけでなく、朝から自転車通勤で軽い有酸素運動をすることで、脳が活性され、仕事に良い影響が出ます。

 有酸素運動、筋力アップでダイエット!
毎日もしくは週3回自転車通勤することで、ジムに行かなくてもフィットネス効果抜群!通勤&フィットネスで時間を有効に活用できます。

 今まで見過ごしていた色々な店などを探索!
通勤場所から自宅までの間、いままで気付かなかった店などを発見できることでしょう!もしくはインターネットで気になるお店をチェックして、帰りに寄ってみたり、テイクアウトしてみたり、楽しみが広がりますね。

E− BIKE通勤のデメリット

 通勤距離、ルートなどで有効でない場合がある。
通勤距離が20km以上など長い場合、個人差がありますが往復40km以上だと電動アシストだとしても疲労できついかもしれません。自転車通勤ルートの交通量が多く、走行をしていて非常に危険を感じる場合などです。

 事故、パンクなどトラブルに合う可能性がある。
道路を走行するので事故にあう危険性はあります。自動車、オートバイなどとの接触事故、歩行者との接触事故、自分で転倒してケガなどの事故の可能性があります。あと自転車のパンクなど故障によるトラブルの可能性があります。ただパンクに関しては、絶対パンクしないタイヤ「タンナス」やタイヤとチューブの間に装着しパンクしにくいようにするガード「アーマー」が発売されていますので、回避できそうです。他のメカトラブルは点検を定期的に行うことで回避するようにするしかないですね。 

 自転車のパーツ類の消耗によるランニングコスト。
タイヤ、ブレーキシューやブレーキパッド、などパーツ類が消耗します。バッテリーも劣化します。走行距離や坂道の多さ、雨天時の使用など条件により交換時期は異なりますが、ブレーキシューなどは交換が一番多いかもしれません。ブレーキは命を預ける大切なパーツなので、定期的にチェックが必要です。タイヤ、チューブも電動アシストは重量の重さなどから、リアタイヤの摩耗が非常に速いです。交換などは自分で交換できるようにすることをお勧めします!通勤時のパンクの時も、安心です。バッテリーはリチウムイオン電池の性能が上がり長い期間使用できるようになりましたが、約3~4年が寿命となります。モデルにより価格は異なりますが4~6万円の費用が発生します。

5.試乗できる?

はい。弊店では3タイプのE-BIKEの試乗車をご用意しております。

クロスバイク

TREK Verve+ 

ミニベロ

BESV PS1

子供載せ

Panasonic ギュットアニーズDX

 

6.おすすめ通勤モデルは?

弊店でおススメの通勤用E-BIKEは

TREK Verve+ 254100円(税込)

です。E-BIKEとしての走行性能はもちろんですが、フロント・リアのライト、前後フェンダー、スタンド、前後ディスクブレーキと通勤ライドに必要なほとんどを装備しています。
あとはカギ、ヘルメットがあれば、すぐに自転車通勤が可能です。
スペックなど詳細はこちらからどうぞ!
ということで、E-BIKE通勤スペシャルとして

TREK Verve+ S,Mサイズ各1台に限り、
ヘルメット、チェーンロック、ポンプをサービス
いたします!

TREK Verve+ Sサイズ 155~165cm
TREK Verve+ Mサイズ 165~175cm
お早めに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA