自転車よくある質問コーナー
「トレックFX3のリアホイールだけ交換できますか?」

トレックFX3のリアホイールだけの交換はできます!

通勤、フィットネスに大人気のクロスバイク。
各自転車メーカーで、様々なモデルが販売されています。
ブレーキはVブレーキとディスクブレーキモデルがあります。
ブレーキタイプによりホイール仕様が異なります。
弊店で一番販売台数の多いクロスバイクは

トレック FXシリーズ。

2020年モデルはすべてディスクブレーキになりました。
しかし以前のモデルはVブレーキモデルも販売されていました。
購入後年数がたちますと消耗品などパーツ交換が必要となります。
タイヤ、チューブ、ブレーキシューなどゴム製品の劣化、摩耗。
通勤など総走行距離が多い方にですと、

「リアホイールのスポーク折れ」

もでてきます。
折れたスポークのみ交換修理も可能ですが、通勤やウーバーイーツで毎日の走行距離が多い場合、ホイールを新調したほうが修理を繰り返すより良いかもしれません。

 しかしトレックFXシリーズのVブレーキタイプで使用されているリアホイールが単品で手に入らないことがあります。
 トレックのアフターパーツで購入できるのですが、在庫がないことがあり入荷まで時間がかかることがあります。
 トレックFX用Vブレーキホイールの価格は12100円(税込)となります。

トレック FXの方には、リム、ハブ、スポーク、ニップルを選択し、自分の用途に合うホイールの作製をお勧めいたします。

作製したクロスバイク用リアホイール

 今回、2018 TREK FX3 Vブレーキ
用のリアホイールを作製しました。
オーナー様はウーバーイーツでご使用されています。
リアホイールのスポーク折れが発生し、今後他のスポークも折れる可能性を考え、新しいホイール作製をいたしました。
 用途的に軽量化よりも耐久性を重視しました。
 リムはリムの高さが30mmあり剛性の高いアレックスリムズCX30を選択。
ハブは雨天時などの走行も考え、シール性の高いMTBハブ FH-M8000のXTグレードハブを選択。ただ135mmエンド幅、クイックリリースタイプのディスクハブが非常に少なくなっています。
 スポークはダウンヒル用のスポーク首部分が#13と太く強度の高いDHスポークを選択。
 ニップルは耐久性の高いブラス製で、スポークねじ山部分をサポートするためにロングニップルを選択しました。
 リムの見た目はブレーキ当たり面も黒く、ディスクブレーキ用に見えますが、リムブレーキに使用できます。
 ハブはディスクハブとなるので、もし2020モデルのトレックFX3、2、1などに乗り換えたとき、リアホイールにローターを取り付ければ使用できます。
 見た目もブレーキあたり面もオールブラックでカッコよいですね。

  • リム ALEXRIMS CX30 32H BK 5500円(税込)
  • ハブ シマノ FH-M8000 32H 8552円(税込)
  • スポーク ホイールスミス DH BK 130×32=4160円(税込)
  • ニップル サピム ロングニップル SV 30×32=960円(税込)
  • 工賃 5000円(税込)
  • 合計金額 24172円(税込)
  • 重量 1160g

ホイール組みに関してのご質問等はお気軽にお問い合わせください!

小径車、クロスバイクのホイール組のご相談があればお気がるにご連絡ください!
前輪だけ、後輪だけ補修用ホイールが欲しいけど販売されていない!
700CでOLD135mmのクロスバイクリア補修用ホイールが販売されていない!
などお気軽にお問い合わせください!
 特にバーディー20インチ化用ホイール組、小径車、クロスバイクの補修用などお問い合わせが多くなっております!
 注文考慮中の方が、価格、出来上がりイメージなど参考になるよう組んだホイールはブログに掲載するようにいたします。
ご活用いただければ幸いです。

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA