2/4,5「タルタルーガで輪行キャンプツーリング!三浦半島編」

ゆるキャン△がドラマ化されたり、まだまだキャンプブームですね!
こんにちは、ゆーじです。
タルタルーガエンターテイメント吉松さん、取材のTさん、自分の 三人で輪行キャンプツーリングへ行ってきました。
目的地は三浦半島の某キャンプ場です。
輪行で現地近くの駅まで行き、キャンプ場まで走行します。
今回のキャンプツーリングは小型軽量タイプのキャンプ用品が少ない自分は積載量抜群かつ輪行がしやすい
タルタルーガ タイプスポルト DX
で出発!
タルタルーガを収納した輪行バック、フロントバック、左右パニアバック、ザックと荷物が多めですが、すべて持って移動可能です。
ちなみに昨年2/27に輪行キャンプツーリングの日記はこちらから。
集合場所の京急川崎駅までは自走です。
京急川崎駅で吉松さんと合流し、終点三崎口まで。
三崎口でTさんと合流です。

京急川崎駅から出発。目的地まで乗り換えなしで約1時間。
自宅から京急川崎駅までは自走です。
タルタルーガ タイプスポルト DXの詳細はこちらから
すぐに欲しい方でタイプスポルト SDであれば店頭在庫ございます!
サイクルショップナカハラオンラインショップはこちらから
タルタルーガ タイプスポルトGT、DXでキャンプツーリングする場合、絶対取り付けておきたいタイプスポルト専用オプションパーツの詳細はこちらから

リアキャリアに左右パニアパック、上部に30Lのザックを固定しました。
かなりリアが重くなりますが、走行時は重さは気になりません。
フロントはライザーバーのため、比較的横長のフロントバックの取り付けが可能です。
タイプスポルトGTのようなドロップハンドルもよいですが、DXのようにフラットハンドル系ですと大きめのハンドルバーバックを取り付けることができ、積載量が向上します。よくキャンプツーリング積載でフロントを重くしたほうが、リアが浮かずよいと聞きますが、タルタルーガ タイプスポルトで走行しているとリアに積載の重量が集中してもフロントが浮くように感じることはありません。
自分が鈍感なだけかもしれないので、念のためフロントバックを取り付け、フロントの重量を重くしたほうが安定した走行ができます。

輪行でのキャンプツーリングの悩みは、荷物が多く電車内に他の乗客に迷惑にならない荷物を置けるスペースがあるか。ライトウエイトキャンプグッズを増やし、荷物の数と重量を減らしていきたい。

京急川崎駅から三崎口駅まで快特で約1時間。
約1時間電車に乗るだけで、同じ神奈川県とは思えない景色、雰囲気で旅行気分になります。
Tさんと合流し、自転車を組み立て、まずは駅徒歩1分の居酒屋けんじ屋でお昼ご飯。三崎といえばマグロ!やはりマグロ丼は美味しいです!
昼食後、キャンプ場へ出発!

キャンプ場へ到着!
2月で平日ということもあり、誰もいません。
貸し切り状態!
しかも目の前は海!景色も最高です!
Tさんの取材もあり、持ってきた道具たちを並べて撮影。
今回使用しなかった道具もあり、もっと荷物を少なくできたなと反省。
次回こそはヘリノックスのような軽量コンパクトチェアを用意するぞ!と去年も言ってましたが、今回も購入せず。
コッヘルは角形のほうが収納しやすそう。
また次回のキャンプツーリングに向け、改善しようと思います。
各自テントを張ったり、キャンプ設営をすませて、ホームセンターとスーパーへ買い出しに出発。

買い出しから帰り、1週間塩漬け、キャンプ前日に塩抜き、風乾した豚バラ肉を燻製します。自家製ベーコンです!
スモーカーはホームセンターでもらった段ボール箱です。
チップは弊店で販売しております。フライパンの上にチップを入れ下からバーナーであぶります。燻製の間は、各自、得意のアウトドア料理をふるまってくださいました!
自分はキャンプでのアウトドア料理はこれだ!というレシピがまだありません。
吉松さん、Tさんは得意料理があり、とても美味しくいただきました。
自分も手軽で美味しいキャンプでのアウトドア料理を勉強したいと思います。
燻製もトラブルがありましたが、ベーコンも完成。
焚き火台で暖をとり、飲んで食べて話して、やっぱりキャンプは楽しいですね。

夜は風が強く、若干寒かったですが、翌日の朝は快晴です!
キャンプ場から富士山が見えます!
吉松さんが早起きして、キャンプ場の岩場で釣りをしましたが、風も強いため、テントなどキャンプ道具を撤収後、釣り場を移動することにしました。
その前に、各自朝食、コーヒーは吉松さんが、豆をミルで挽いて、ハンドドリップで入れてくれます。自分も荷物を減らし、コーヒーセットを持ってこれるようにしなければ。
朝食後は撤収作業です。

吉松さんのおすすめポイントへ移動。
この漁港も雰囲気がよくまた来たくなりました。
穴釣り用にブラクリを準備して、ワーム、鯖などを餌に釣りを楽しみました。
が結果は毎度の0匹。坊主でした。
吉松さん、ほかの釣り人も釣れている気配はなく、若干安心しました。
たまには釣らないとまずいですね。
取材のTさんにも釣った魚を持っている写真を撮っていただきたかったのですが。とほほ。

キャンプ2日目は午前で釣りも終えて、三浦海岸駅まで自転車で向かいます。
三浦海岸駅に到着し、お昼ご飯は近くのお蕎麦屋で温かいおそばを頂きました。
約1時間くらい冷たい中走行してきたので、温かいおそばの美味しいこと!
三浦海岸駅で輪行し、川崎駅で下車し、自走で帰宅しました。
輪行キャンプツーリングに行くたびに、自分の道具の選択、積載方法、キャンプ料理の少なさ、などたくさんの課題がでます。
また近いうちに今回の反省をいかし、改善し、より輪行キャンプツーリングが楽しめるようにしたいと思います。
そして輪行キャンプツーリングに興味のある方にアドバイスできたらと思います。
特に釣りの技術を上げなければ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA