バーディーのカスタマイズで一番多いのが

ホイールのインチアップ
18インチから20インチ

です。
大径化にすると巡航速度が格段にアップし、長距離走行が楽になります。
そして今回、バーディー エアを20インチ化するご依頼をいただきました。
バーディーエアの特徴は
・ロードタイプのキャリパーブレーキ仕様
・バーディー最軽量モデル
です。
バーディーエアは
・ロードタイプのキャリパーブレーキ仕様
なのでリムブレーキですが、ディスクブレーキモデルのバーディースタンダードと同じフレームを使用しているのでフロントフォーク、リアスイングアームにディスク台座を装備しています。
なのでディスクブレーキへのカスタマイズも可能です。
オーナー様の意向で、今後ディスクブレーキ化も検討しているとのことで、リムブレーキとディスクブレーキ、両方に使用できる20インチホイールを作製することになりました。
今回発生した費用は下記の表になります。

項目数量価格
(税込)
ホイール組み工賃
1本 5500円
2本11000円
フロントハブ
birdy純正ディスクフロントハブ 32H
1個10780円
リアハブ
TNI レボリューションディスクⅡハブ 32H
1個13200円
リム
ALEXRIMS DA16 BK 32H 1本 3850円
2本7700円
スポーク
ステンレス 2.0 BK 1本 130円
64本8320円
ニップル
ブラス 2.0 BK 1個 40円
64本2560円
リムテープ
シュワルベ 2本セット
1個528円
タイヤ
パナレーサー ミニッツライト 20×1.25 1本 5636円
2本11272円
チューブ
シュワルベ 6SV 1本 1100円
2本2200円
工賃(BirdyAir20インチ化キット工賃)
ブレーキ台座、タイヤチューブ、スプロケ交換
1セット3300円
合計金額70860円

えっ?なんで一押しの前後ハブが
フロント:バーディー純正ディスクフロントハブ
リア:TNI レボリューションディスクⅡハブ
なのかって?

実はバーディーのフロントフォークはエンド幅は100mm幅で、標準的なエンド幅なのですが、スポークを通すフランジ部分が、かなり内側にないと、フロントフォークに干渉してしまい、通常のロード、MTB用のハブが使用できません。
バーディー純正、リデアなどのハブメーカーから選択することになります。
リアエンド幅も135mmと標準的なのですが、ディスクハブで135mm、5mmQRタイプのハブは現在ほとんど発売されていません。
現在リアディスクハブは142mmエンド幅、12mmスルーアクスルが標準となり、アクスル部分を交換し135mmQR仕様にすることができる商品もありますが、TNI レボリューションディスクⅡハブが一番リーズナブルです。ちなみにTNI レボリューションディスクⅡハブは、別売パーツ交換すると142mm、12mmスルーアクスル対応になります。
フリーボディーもXDR用に交換が可能な、万能なリアハブです。

バーディーエアを20インチ化する際に、キャリパーブレーキ取付台座を逆に取付することで、キャリパーブレーキの位置が20インチホイール対応になります!
これは非常に便利な機能です!
バーディークラッシックを20インチ化する場合には、Vブレーキも交換しなければなりません。
バーディーエアを20インチ化する場合には、ブレーキの交換が必要ありません。

一番気を付けなければならないのは
タイヤの選択です!
20(406)を選択し、幅は1.25以内にしてください。
今回は
パナレーサー ミニッツライト20×1.25
を取り付けたところ、ギリギリのクリアランスでした。
パナレーサー ミニッツタフ20×1.25
は若干ゴムが厚めなのか、キャリパー内側にタイヤが干渉してしまいます。
気を付けて選択してください!

バーディー20インチ化のご相談、お見積もり希望などございましたら
お問い合わせフォーム
よりお気軽にお問い合わせください!

ご来店でのご購入相談は、現在予約制となります。
お電話、メール、弊店アプリよりご予約下さい!
弊店アプリダウンロード方法はこちらからどうぞ!
アプルからのご予約方法はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA