サッカー日本代表ハリルホジッチ監督解任!
びっくりされた方も多いと思います。
ワールドカップまで時間がないですが、素晴らしい戦いを見せてほしいです。
こんにちは、ユージです。

前から行きたかった箱根パワースポット巡りにバーディー モノコックエアーと行ってきました。

最寄り駅 武蔵中原から輪行で出発!
軽量で、折り畳み時間もかからないので移動時本当に便利です。

登戸から小田急線に乗り換え、贅沢にロマンスカーで箱根湯本駅まで行きます。
ロマンスカー乗り心地良いですね。


箱根湯本駅に到着し、箱根登山線に乗り換えます。
乗り換えは、階段上り下りなどなく、隣の線路なのでスムーズに乗り換えできるので、輪行で自転車を持ちながらでも問題ありません。

今回は小涌谷駅で下車し、芦ノ湖まで走行します。

出山鉄橋この鉄橋は登山電車敷設工事のなかでも最大の難関でした。橋梁架設をするには非常に困難な地形のため、川床から架設部まで43もの足場が組まれて工事が行われました。橋梁そのものも第一次世界大戦下の材料不足のため、鉄道院払い下げの天竜川橋梁の一部が転用され、大正6年に完成しました。この歴史的価値が認められ平成11年2月19日には文化庁より登録有形文化財として認定されました。山の中にかかるこの橋は箱根登山鉄道の名所です。通過は一瞬ですのでお見逃しなく。

乗務員の車両移動スイッチバックで車両の進行方向が逆向きになるため、運転士と車掌が入れ替わります。出山信号場と上大平台信号場のスイッチバックでは、お客さまの乗降はできません。

スイッチバック山の傾面を登るためスイッチバック方式をとり入れてジグザグに登ります。スイッチバックは出山信号場、大平台駅、上大平台信号場の3ヶ所で行ない、そこでは運転士と車掌が入れ替わります。(写真は上大平台信号所)


箱根登山線に初めて乗ったのですが、見どころ満載で面白いです。
また乗車しよう。

小涌谷から芦ノ湖までは約11km。
緩やかな登りが続きます。
ぼっちなので、自分のペースでゆっくり進みますので、疲労が少ないです。

LIVVALヘルメット
をかぶっていきましたので、スマホとブルートゥースでつなぎ、音楽を聴きながらなので、リズムよく走行できます。
ぼっちでも寂しくありません。



あと少し!

芦ノ湖到着!
釣りされてる方も多いです。

到着。
まずは箱根神社参拝へ。


龍神水
龍神水は不浄を洗い清める箱根山の霊水です。
実はまたもや御朱印帳を忘れてしまいました。
次に向かうスポットは駒ケ岳山頂にある
箱根元宮へ。
箱根駒ケ岳ロープウエイへ。

日帰り温泉施設もあります。

ロープウエイは高所恐怖症の方には厳しいかな。
行きは少ない人数でしたが、帰りは満員でした。


頂上からの景色は素晴らしいです!
芦ノ湖を一望できます。

天気が良く、富士山もばっちり見えました!



箱根元宮は駒ヶ岳山頂の龍脈上にあり、古代から山岳信仰の霊場だった場所。
社殿右手にある多数の岩垣・古代祭祀遺跡は、異界との接点を思わせる、強力な神霊磁場です。
神秘的な場所ですね。

次に向かうは
徒歩、自転車、湖からボートでしか行けない
九頭龍神社へ。

九頭龍神社は500円の入園料が必要でした。

園内を少し歩いていくとありました。


白龍神社も合わせて参拝できます。

今日の目的である

箱根神社
箱根元宮
九頭龍神社
参拝をコンプリート。

「箱根を背にするものは天下を制す」と言われる関東屈指の神社。
関東で仕事をされる方は、必ずご参拝しましょう。とのことです。
ボクシングの「左を制する者は世界を制す」みたいですね。
御朱印をもらいにまた来ようと思います。
最近パワースポット巡りしてますが、今のところ開運の変化はありません。
九頭龍神社をでて桃源台へ向かいます。
帰りはバスで小田原駅まで。


湖尻で記念撮影。


桃源台から箱根登山バスで小田原駅へ向かいます。
事前にHPで調べると
「自転車を解体、もしくは折りたたんで専用の袋に収納していただき、かつ、他のお客さまのご迷惑にならないことを条件としてご乗車いただけます。なお、お荷物の大きさによっては有料になる場合がございます。」
と記載されていたのですが、一応運転手さんに確認したところ、
「子供料金がかかります」とのことでした。
乗せてもらえるのを確認できよかったです。

山道を揺られながら小田原駅へ到着。
小田原駅からは湘南新宿ラインで武蔵小杉へ。

武蔵小杉駅に到着したのは約16時半ころでした。
次回は箱根湯本から芦ノ湖まで走行しようと思います。
グルメも調べて、おいしいもの食べてこなきゃ。
御朱印帳も忘れずにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA