第16回富士ヒルクライム!

こんにちは。CSN児玉です。

6月9日(日)に毎年恒例の富士ヒルクライムに参加してきました。

 

今年も生憎の雨…。

荷物を預けられるぎりぎりの時間までDNSしようか迷うほど。

 

最終的には雨が止むことを祈って出走することに。

スタートまで1時間半ほど時間があったので、テントで雨宿り。

この時ばかりはローラー台が恋しくなるほど、体が冷え切っていました。

 

早く体を動かして温めたいという気持ちを抑えながら、ゆっくりとスタート。

今回は初めて小径車のバーディーでヒルクライム!

どのくらいのペース、どのようなポジションが上りやすいのかを試しながら走ること4km。

すでに体が温まってきて、着ているものが煩わしく感じてくる。

雨もあがったので、すぐにエスケープゾーンに自転車を止め、ウインドブレーカーとグローブをはずして、再スタート。

ジャージを抜ける風が心地よく、テンションがあがり始めたのも束の間…。

山の天気は変わりやすく、2合目あたりから雨が降り始め、強度をあまり上げてなかったせいか、どんどん体が冷えてくる。

再度ウインドブレーカーを羽織ろうかとも思いましたが、すぐ止むはずと根拠のない自信が勝ってしまい、結局冷えた体では強度も上げられず、ズルズルと悪循環に。

終始追い込むこともできず、1時間40分でのゴールとなりました。

ゴール後は一緒に参加したメンバーと健闘を称えながら、名物の富士山メロンパンで乾杯!

例年通りであれば、これでササっと下山して吉田うどんを堪能するところですが、今年は違います。

5合目の気温は5℃程度で着ているものは全てビショビショ。

下山を待つ時間にも下腿は濡れたヒートテックと吹きつける風の相乗効果でキンキンに冷やされ、手も足も指先がどんどん悴んできます。

ありったけのウエアを着こんで下るも、雨のダウンヒルはゆっくり下らないと危険なため、24kmを下り終えるのに1時間近くかかってしまいました。

全身のふるえが止まらない中、やっとの思いで辿り着いた『吉田うどん』!

食べたい欲求よりも、この汁に浸かりたい欲求が勝ち兼ねないほど芯まで冷え切った体に、吉田うどんはあっという間に吸収されていきました。

今大会は過去最高にきつかったですが、いい経験をさせていただいました。

参加されたメンバーの方々、本当にお疲れさまでした。

今回使用したバイク

・バーディー スタンダード 243,000円

カスタムしたポイント

・ハンドル KCNC ランバントフラット 3,672円
・ステム サトリ ハンドルポジションチェンジャー 3,996円
・グリップ エルゴン GX1 約5,000円 ※現在廃盤
・バーエンドバー BBB ライトストレート 3,672円
・クランク most チェーンリング46T 価格不明
・ホイール 20インチ手組みホイール 49,024円
・タイヤ パナレーサー ミニッツライト 20×1.25 5,534円(1本)

カスタムの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA