自転車よくある質問コーナー
「ブロンプトンにノーパンクタイヤ タンナス取り付けできるの?」

目次

1.ブロンプトンにタンナスは取り付けできるか。
2.タンナスのメリットは?
3.タンナスのデメリットは?
4.サイクルショップナカハラが考えるタンナスのお勧め用途
5.取り付け費用

1.ブロンプトンにタンナスは取り付けできるか。

ブロンプトンに
ノーパンクタイヤのタンナスが取り付けできるか?
とのご依頼がありました。
取付できます!
タンナスからブロンプトンに取付できるサイズも発売されています。
16×1.25(32 – 349)
となります。


2.タンナスのメリットは?

やはり絶対パンクしない安心感!
通勤で自転車を使用している方、やはり朝の通勤時、パンクしたら大変ですよね。そんな方にタンナスはお勧めです!
発砲ゴムという素材でできており、絶対にパンクしません!
さらに空気を入れることがないので、空気を入れる手間もありません!
ブロンプトンはホイールを外すために工具が必要なので、修理に慣れた方でないと、サイクリング中パンクした時など、その場での修理が難しいです。
タンナスに交換するメリットは高いと思います。

サイクリングの荷物が減らせる!
パンクしないので、予備チューブ、携帯ポンプなどのパンクしたときのメンテナンス道具を持っていく必要がありません!
折り畳み自転車で輪行サイクリングのときなど、荷物を減らすことができ、観光もしやすくなりお勧めです。

経年劣化が少ない!
通常のタイヤよりも経年劣化が少なく、耐久性があります。

3.タンナスのデメリットは?

走行性能はクリンチャーに劣る
通常のタイヤ&チューブによる空気を注入するタイプよりも、走行抵抗があり、同じ距離を走行した場合、疲労があります。
雨天時は滑りやすくなります。
クッション性も劣りますので乗り心地は劣ります。

取付できるホイールを選びます
販売されているタイヤサイズだとしても、リム内径などにより、取り付けできないホイールがあります。

ホイールはなるべく新品をお勧めします
スポーク、ニップルが破断などで交換の際は、タイヤを切断し、交換しなければならない場合があり、新たにタイヤを購入し装着しなければなりません。
タンナスを装着するホイールは、新品かそれに近いものをおすすめします。

4.サイクルショップナカハラが考える
 タンナスのお勧め用途

通勤自転車!
パンクしない通勤自転車にすることが一番のお勧めです!
ロードバイク、クロスバイク、ミニベロなど様々な車種に取り付け可能です。
空気を入れる手間もありません。
安心、安全、余裕のある通勤ライドになることでしょう!

フォールディングバイクで輪行の旅!
観光を主とした折り畳み自転車との輪行の旅で、パンクしないのはもちろん、パンク修理キット、予備チューブ、携帯ポンプなどメンテナンスグッズも必要なくなり、旅の荷物を減らすことが出来ます。
より快適な旅になることでしょう!

5.取り付け費用

  • タンナス 16×1.25(32 – 349) 7590×2=15180円(税込)
  • 取り付けピン 1100円(税込)
  • 工賃 5500×2=11000円(税込)
  • 合計金額 27280円(税込)

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA