自転車よくある質問コーナー
「SRAM Eagle 1 x 12のチェーンリングを交換したいんだけど」

様々なメーカーのMTB完成車に採用されています

SRAM Eagle 1 x 12

ハードなオフロード走行だけでなく、普段使い、オンロードサイクリングにも使用される方も多いと思います。

オンロード走行時はもう少しスピードが出るようにしたいな

という方もいらっしゃると思います。
そんな時は
フロントチェーンリングを交換し、スピードアップカスタム!
はいかがでしょうか。
30T
32T
34T
36T
38T
が販売されております。

この度、スラム イーグル 1×12のスピードアップ依頼を受けました。
最初取り付けてあるチェーンリングは30Tでした。
今回は34Tをチョイスしました。
フレームの形状を確認し、チェーンリングがフレームに接触しないか。
チェーンがフレームに干渉するようにならないか。
など確認します。
最終的には現物を装着し確認することになります。

バイク規格によりチェーンリングオフセット量も確認が必要です。
STDは6mmオフセット
BOOSTは3mmオフセット
FATは4mmオフセット
のチェーンリングをお選びください。

今回のMTBはBOOSTなので
スラム 1×12 X-SYNC2
ダイレクトマウントチェーンリング
34T 3mm 5720円(税込)

に交換しました。

表面
裏面

まずチェーンリング中央付近にある、クランクボルトを8mm六角レンチを使用し、反時計回りに回し、クランクを外します。

左が30Tチェーンリング、右が34Tチェーンリング

クランクが外れたら、T25トルクスレンチで3つのボルトを外し、チェーンリングを34Tに入れ替え、再度ボルトで固定します。

クランクを取り付けて完了です。

スラム 1×12 X-SYNC2
ダイレクトマウントチェーンリング 34T 3mm 
5720円(税込)
工賃
クランク着脱(今回は右のみ)
1100円(税込)
工賃
チェーンリング交換
1100円(税込)
合計金額7920円(税込)

今回のチェーンリング交換では、チェーン長の変更が必要ではありませんでしたが、通常チェーンリングを大きくすると、チェーンを長くしないといけない場合が多いです。

自分の自転車をもう少しのスピードアップできないかな?

そんなカスタムのご相談がございましたら
お問い合わせフォーム
よりお気軽にお問い合わせください!

現在、ご来店での修理・ご購入相談は、予約制となります。
お電話、メール、弊店アプリよりご予約下さい!
弊店アプリダウンロード方法はこちらからどうぞ!
アプルからのご予約方法はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA